いわて教育情報ネットワーク整備端末等管理要領

 この要領は、「いわて教育情報ネットワーク整備事業」により配備した情報端末機器等に関し、その管理方法について定めるものである。
1 学校管理責任者
 学校管理責任者は、次に掲げる各情報端末機器ごとに適切な管理に努めるとともに、全ての情報端末機器について、当該学校の職員を管理者として任命し、適切な管理等について指導しなければならない。
2 サーバ機等
(1) サーバ機の設置場所については、学校ネットワーク管理者等の管理要員を除き、原則として入室禁止の措置をとり、日常的に施錠すること。
(2) モニタの電源は、作業時以外は常にOFFしておくこと。
(3) ネットワーク管理用のID・パスワードは、校長・教頭・事務長・学校ネットワーク管理者以外の第三者に漏洩しないよう十分留意すること。
3 特別教室用機器等

(1) 特別教室用機器は、施錠可能な教室等での利用に限られること。
(2) 特別教室用機器の利用は、原則として管理者の監督の下で行うこと。
(3) 管理者が各特別教室用機器の設置場所を離れる場合には、設置場所の施錠及び確認を行うこと。

4 普通教室用機器等

(1) 週休日や長期休業期間等、相当期間において普通教室が無人状態になる場合は、原則として施錠できる場所で適切に管理すること。
(2) 普通教室用機器の管理者は、普通教室用機器がノート型パソコンである場合は、常日頃からチェーンロックの状態を確認すること。
(3) 普通教室用機器を特定の場所に集合させて活用を図る場合には、施錠できる場所での活用とすること。

5 教師用機器等
(1) 職員室や普通教室等での利用にあたっては、各自が責任を持って管理すること。
(2) 不注意による破損等がないよう、取扱いには十分留意すること。
(3) 職員室等が無人になる場合においては、職員室の施錠及び確認を行うこと。
6 その他
(1) 情報端末機器等が破損し、又は故障した場合は、故意又は明らかな過失等の場合を除き、原則として、県費等で修理等を行うものとする。
(2) 紛失・盗難等により遺失した機器については、原則として、相当期間を経て県費等で補充するものとする。
  HOME>>
Copyright(C)2002 Iwate Prefectural Board of Education All Right Reserved